(概要)
 「藤里方式」による引きこもり支援で、全国的なモデルとして注目を集める秋田県藤里町。ここで、まちづくりの「次の一歩」を考えるために、「地域づくりの可能性」セミナー(主催:藤里町社会福祉協議会)が開催された。

 基調講演として、エイデル研究所の丹羽勝氏から「地域づくりの可能性」についてがあり、お昼休みをはさんで、島根県海士町と秋田県藤里町のそれぞれの事例報告を含めて、シンポジウムが行われた。

 フロアからも熱心な質問が寄せられ、藤里町を起点とした新しい地域づくり、官民連携の可能性が広がった。


丹羽氏による基調講演

(プログラム)
2015年8月19日 
9:30  開会 あいさつ
10:00  講演 「地域づくりの可能性」
     エイデル研究所 丹羽 勝 氏
12:00  昼食休憩
13:00  シンポジウム
     テーマ 「地域づくりに向けた福祉の可能性を考える」
      事例1 島根県海士町 
海士町社会福祉協議会 
事務局長 片桐 一彦 氏
     事例2 秋田県藤里町
 藤里町社会福祉協議会
 常務理事 菊池 まゆみ 氏
      コーディネーター 丹羽 勝 氏

       質疑応答
16:00  閉会

於 ホテルゆとりあ藤里 コンベンションルーム

                 以  上