(概要)
 遠野市における地域再生のモデルとして、遠野物語をはじめとした民俗学等の地域文化資源などを活用した取り組みとして、旧土淵中学校の跡地活用に関する検討を進めてきた。地域との連携や民間企業との連携を通じて、持続可能な施設の利活用を図るために、「遠野みらい創りカレッジ」として、4月8日にオープニング・セレモニーが開催された。

 開校式では、最初の記念式典において、本田敏秋市長(遠野市)と栗原博常務取締役(富士ゼロックス株式会社)により、協定書の調印・取り交わしが行われた。

 来賓には、新田勝見議長(遠野市議会)、栗原邦夫CSV推進部長(キリン株式会社執行役員CSV本部)、有馬利男代表理事(グローバル・コンパクト・ジャパン・ネットワーク(前富士ゼロックス代表取締役社長))など、多数の方が出席された。

 アトラクションとして、土淵小学校2年生、6年生の児童による「昔話語り部」も披露された。

 記念式典の後は、施設見学や公開事業、エンディング(飯豊神楽、餅まき)などが行われた。地域からも多くの参加者が集まり、盛大に旧土淵中学校の新しい幕開けが祝福された。

                   (以 上)