(概要)
 毎年、国際的なPPPに関する調査研究、政策メッセージを発表する「国際PPPフォーラム」(東洋大学主催)が、今年も10月17日に開催された。今回は第二次安倍政権の成長戦略の第3の柱である「民間活力の爆発」に関連して、PPP/PFIの様々な動向・制度・政策に関して、熱心な発表・情報交換が行われた。

(以下、東洋大学HPより)
 2013年6月に、安倍政権は成長戦略の第3の柱として、「民間活力の爆発」をキーワードにPPP/PFIの推進と規制改革を進めていく方針を発表しました。併せて、「PPP/PFIの抜本改革に向けたアクションプラン」を公表し、2022年までの今後10年間でPPP/PFIの事業実績を12兆円まで拡大する方針を示しました。今後、コンセッション、公的不動産の活用、民間提案方式などPPP/PFIの拡大が期待されます。 こうした流れを受け、本年で第8回を迎える国際PPPフォーラムでは、アクションプランにも言及されている英国のPPP推進組織IUKのハビエル・エンシーナス氏、PFI法改正の目玉の一つである民間提案制度の成功事例である米国PPEAの創設者であるクリストファー・ロイド氏をゲストとして招へいして、「成長戦略としてのPPP」をテーマに議論いたします。

(開催概要)
開催日時 2013年10月17日(木) 13時30分~16時 (開場13時)
場所   大手町サンケイプラザ 4階ホール(千代田区大手町1-7-2)
定員   400人 入場無料、日英同時通訳あり
主催   東洋大学   
後援   内閣府、国土交通省
ゲストスピーカー: ハビエル・エンシーナス(Infrastructure UK国際部部長)      クリストファー・ロイド(米マグワイアウッズコンサルティング)
ゲストパネリスト: 内閣府PFI推進室長 持永秀毅審議官

(プログラム)
基調講演1
 「イギリスのPFI改革と推進策」 エンシーナス氏        

基調講演2
 「民間提案制度の活用とPPP~米 PPEA制度の観点から」 ロイド氏

パネルディスカッション「国内PFI市場の拡大策の展開」
 パネリスト 持永審議官、エンシーナス氏、ロイド氏 根本祐二教授
 モデレーター サム田渕教授

                                  以  上