(概要)
 全国初の湖南市地域自然エネルギー基本条例に基づき、市民出資による地域商品券による配当方法を通じて、地域経済の循環・活性化を目指している(一社)コナン市民共同発電所プロジェクトが、今年2月に続き、弐号機≪甲陸発電所≫の出資募集完了と施設整備を終えて、いよいよ発電開始・事業をスタートする。

 そのオープニングセレモニーが、9月26日の午前11時から、設置場所である甲西陸運の構内で実施された。当日は、湖南市の谷畑英吾市長にもご出席を賜り、盛大なセレモニーとなった。

(プログラム)
1.開  会

2.挨  拶

一般社団法人
コナン市民共同発電所プロジェクト 理事長  溝口  弘

湖南市   市長  谷畑 英吾 様

甲西陸運株式会社   専務取締役  松嶋 真行 様

市民共同発電所弐号機を成功させる会   角島 啓一 様

3.テープカット

4.太陽光発電設備見学

(テープカットの様子)

(セレモニー後の施設見学の様子)

(弐号機施設概要)
【施設仕様等】
太陽光パネル枚数 440枚 パネル
機種          ハンファ製
定格出力       105.6kWh
年間総発電量    約92,987kW
設置面積       721.6㎡
総事業費       36,000,000円
出資募集口数    1口10万円×360口
出資配当       地域商品券 発電開始
               2013年9月26日
設置場所       湖南市柑子袋278番地(甲西陸運株式会社 倉庫屋上)

               (以 上)