1.概要

 「滋賀県におけるスマートグリッドシステムの構築に向けて」(2012年5月25日 於 彦根)と題して、環びわ湖地産地消型研究会 第1回セミナーとして開催されたセミナーは、主催が環びわ湖地産地消型エネルギー研究会、後援が彦根商工会議所(GAT彦根)で行われた。

 当日は、スマートグリッドとスマートコミュニティと題して、京都大学大学院情報学研究科教授松山隆司氏のご講演があった。

2.講演概要

 情報通信技術を用いて、電力エネルギーの柔軟、効率的な利用を実現しようとする
スマートエネルギーマネジメントには、電力供給者視点のスマートグリッドと、
需要家視点のスマートコミュニティがあります。

 講演では、スマートエネルギーマネジメントの背景や意義、両者を実現するための
技術要素、スマートコミュニティ実現に向けて松山先生が自らが取り組んでいる
「エネルギーの情報化」の最新研究成果が紹介されました。