(内容)
 アジアPPP研究所 設立記念シンポジウム(2011年11月15日、日経ホール)

 アジアにおけるPPPの普及・発展にむけて、アジアPPP研究所が設立された。それを記念して、国際シンポジウムが開催された。

 同研究所の名誉顧問に就任する、マハティール・マレーシア元首相も出席し、PPPに対する期待を述べた。シンポジウムでは、パネル・ディスカッションも行われ、アジアのPPPの案件形成に向けた、研究・教育の重要性が浮き彫りになった。

(プログラム)
1.挨拶  
   竹村牧男(東洋大学学長)

2.アジアPPP研究所(APPPI)の設立趣旨について
   根本祐二(東洋大学教授)

3.APPPIへの期待
   ジェフリー・ハミルトン(国連PPP推進局長)

4.アジアPPP研究所 設立セレモニー
   マハティール・ビン・モハマド(元マレーシア首相)
   塩川正十郎(東洋大学総長・元財務大臣)

5.特別インタビュー「アジアにおける日本の役割」
   マハティール・ビン・モハマド(元マレーシア首相)
   インタビューアー サム田渕(東洋大学大学院教授)

6.パネルディスカッション
  (パネリスト)
   フェルディナンド・アマンテJr.(フィリピン・ブトゥアン市長)
   ゲイリー・ミラー(国際PPPコンサルタント)
   マイケル・フリン(Deloitte)
  (モデレーター)
   美原融(東洋大学客員教授)

(概要)
  主催 東洋大学
  共催 日本経済新聞社
  日時 平成23年11月15日(火曜日) 14:30-16:30(開場14:00)
  場所 日経ホール(東京都千代田区大手町1-3-7 日経ビル3階)
      入場無料  同時通訳

                   以 上