農福連携プロジェクト

福祉

農福連携は、「農」と「福祉」が抱える双方の課題を解決し、双方が利益をもたらす取り組みとして、農林水産省と厚生労働省が連携を図りながら政策を進めています。
農業の課題としては「農業従事者の減少」や「耕作放棄地の増加」などが、福祉の課題としては「障害がある方の就業機会や収入の確保・工賃の向上」「高齢者の生きがい・就労機会の提供」などが、それぞれあげられます。
農福連携の取り組みは、こうした課題の解決を目指しており、「ニッポン一億総活躍プラン」(平成28年6月2日閣議決定)においても農福連携の推進が位置づけられるなど、特に障害者の就労訓練や雇用の場として農業分野に注目が集まっています。

セミナー
ノウフクマルシェ
資料